からだの音

整形外科医とタッグを組む理学療法士のからだづくり。こどもの発育発達をうながし、大人の身体機能を高める体操教室&イベントを開催!

こどもにはこどもの、大人には大人の、美しい姿勢があるんです。

こどもと大人では、姿勢のあり方が違います。こどもといっても、乳児と幼児、小中学生、高校生でも、また違います。
年齢に応じた姿勢は、本来の発育発達を促して、ケガや病気、事故を予防します。
いい姿勢のもととなる骨や関節の状態を、整形外科と理学療法の知識を持つ、プロがチェックします。

ふつうの体操教室じゃありません。
整形外科や理学療法の知識を持つプロが、トレーナーです。

最近の子は転びやすい、骨折しやすい…など、こどものからだの異変が叫ばれています。
大人も、日常の動作にまで支障をきたすロコモティブシンドロームが社会問題に。
大人もこどもも、もっと運動が必要なのです。 でも、どんな運動をどのくらいしたらいいの?
整形外科医とタッグを組んでいる理学療法士を中心に、合理的で楽しいトレーニング法を伝授します。

へぇ~、なるほど! そうか、知らなかった!
学びと感動と発見がいっぱいのイベントです。

明るく、強く、たくましく、優しく、そしてしなやかに生きる――
原動力は、たくさんの学びと、たくさんの感動と、たくさんの発見の中にあります。
ときに常識をくつがえし、目からウロコ、新しい一歩を踏み出すための力になるような、そんなイベントを企画していきます。
どうぞ、お楽しみに!

あなたのからだは、あなたしかわからない。
あなたは、からだの音を聴いていますか?

自分のからだをより良く知り、大切に使っていくためのお役立ち情報や体操教室、
イベントなどの報告をノートにアップしていきます。
からだは常に変化していくもの。日々、からだを感じる、からだに気づくきっかけになれば嬉しいです。
さあ、からだの音を聴いてみましょう!

新着情報

からだの音について

「転びやすい子が増えている…」
「たわいないことで骨折してしまう子が増えている…」

学校や病院の先生たちから、最近、こうした話をよく聞くようになりました。

気がつけば、こどもたちはゲームや塾に多くの時間を費やし、自然の中で駆け回る時間が少なくなっています。かつて野山での遊びが鍛えてくれていた体力、敏捷性、瞬発力、判断力……。これらの育つ場が、今、失われているのです。

サポーター

からだの音は沢山の方に支えられています。

お問合せ

からだの音についての質問・疑問やご依頼など、
どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。

お名前
メールアドレス
お問合せ内容

copyright © からだの音プロジェクト. Allrights reserved.